CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

akatsukamorio blog

アカツカモリオの日々を綴るブログ。
Mac、競馬、自転車etc..
中山2200のスペシャリスト
ヴェルデグリーン
ヴェルデグリーンが癌で予後不良に・・・。

昨年秋のオールカマーで才能開花。
今年1月のAJCCでも勝利した中山中距離、特に2200mのスペシャリストでした。
もし中山2200mのG1があったなら、きっと彼が勝っていたことでしょう。
祖母ウメノファイバーの渋味の効いた血統でした。

個性派スターの急逝に合掌。
田辺騎手との名コンビは忘れません。
| | 20:39 | - | trackbacks(0) | - | - |
さよならコディーノ
コディーノ

コディーノが体調悪化で安楽死となってしまいました・・・。

先月仙痛で手術を受けたと聞いて心配してたんですが。

弥生賞で負けながらも最後必死に内で抵抗してた姿に感ずる物があって、皐月賞とダービーで本命に推して
その後もいつかG1タイトルが取れるんじゃないかと応援してたんですけどね。

たった4年の命なんて短すぎます。
| | 23:00 | - | trackbacks(0) | - | - |
ハープスターの敗因?
個人的には、今年の3歳春クラシック最高の盛り上がりだったオークス。
ハープスター敗北でガッカリだったわけですが。

レース後にデイリースポーツの記事で、「落鉄寸前だった」という写真があり
ええっ!(゜o゜;って感じで自分の撮った写真をまじまじと見てみると・・・。
ハープスター
・・・・。
ハープスター 蹄鉄
ムムムッ!!!!!

本当に左前脚の蹄鉄が落ちかかってました!!
釘1、2本だけでかろうじて付いているように見えます!!

せっかく撮ったので他の写真も何枚かどうぞ!
ハープスター 蹄鉄

ハープスター 蹄鉄

ハープスター 蹄鉄

ハープスター 蹄鉄

これだけが敗因では無いでしょうが、人間で言えばシューズが脱げかかっている様なものなので、全く影響無しとは言えないと思います。
どの程度影響したかはハープスターに聞いてみないと分かりませんが・・・。

ファンとしては次こそは万全な状態で、異次元の豪脚を炸裂させて欲しい!と期待してしまいます。



 
| | 03:54 | - | trackbacks(0) | - | - |
オルフェーヴル ラストラン&引退式
オルフェーヴル
今年の締め、有馬記念です。
これで引退のオルフェーヴルが断然の一番人気、対するゴールドシップは前走惨敗で不調。
普通に考えればオルフェーヴル圧勝だとは予想できますが、何が起こるか分からないのも競馬なわけで。

レースは4コーナーを回って直線、先頭を独走してくるのは・・・オルフェ?
まさか、いくらなんでも早すぎるでしょ。
・・いやいや、やっぱりオルフェだ!
後続との差は開く一方、中山の短い直線、急坂を一気に駆け上がり8馬身差を付けてゴールイン。
相手が楽とは言え、驚愕のパフォーマンス。
さすが凱旋門賞2年連続2着の脚。2着のウインバリアシオン以下を全く問題にしませんでした。

しかし、ホームとは言えこれに5馬身差つけて勝ったトレヴってどんなだよ?と。
着差が全てでは無いにせよ、なんとも気の遠くなる話です。

レース前は寂しい出走メンバーにあまり盛り上がりませんでしたが、オルフェがブッチギリの走りをしてくれたおかげで、中山競馬場もオルフェコールと池添コールが湧き上がり、17:00までずれ込んだ引退式まで大勢の人が残っていました。

まだ明日も競馬がありますが、ひとまず今年は終わった感じ。
馬券収支は・・・後半少しはマシになったものの、JC以外は散々でしたね(笑)
また来年頑張ります。
| | 23:36 | - | trackbacks(0) | - | - |
天皇賞(秋)
先週の天皇賞(秋)の写真をアップしました〜。
2013 天皇賞(秋)

お目当てのジェンティルドンナは2着とチョット残念でしたが。
勝ったジャスタウェイは額の流星辺りが父ハーツクライに似てるかなと。
秋のG1は夕方で暗いのが写真撮影には辛いところ。
高感度に強い新型カメラが欲しくなってしまう今日この頃です。

それとG1名物の一つ、発送前のファンファーレですが
ここ数年でチョット変化を感じてまして
以前は手拍子だけだったのが、シンバルに合わせて「ヘイヘイ!」と観客が掛け声を出すようになったんですよね。ファン層の変化でしょうか?

↓分かりやすそうな動画をYoutubeから
http://youtu.be/s77FrgJ6cZE
http://youtu.be/FRUWiKjrsaE
http://youtu.be/A8zwr-0rKJU

コレを何万人もの人達がやると、凄い迫力で圧倒されます。
関西のG1は現地観戦した事が無いので分かりませんが、関西バージョンのファンファーレだと掛け声を入れる間が無い感じなんで、関東だけですかね?
前は関西のファンファーレの方が好きだったんですが、この掛け声のおかげで最近は関東ファンファーレがお気に入りです。
| | 23:53 | - | trackbacks(0) | - | - |
スプリンターズS ロードカナロア優勝
ロードカナロア
既に名馬の域に達しているロードカナロア。
おそらく国内ラストランとなるスプリンターズS(G1)に出走。
直線、内で食い下がる他馬をねじ伏せ、チャンピオンの座を見事防衛。単勝1.3倍の圧倒的一番人気に応えました。さすがの一言です。
この後は香港スプリント(G1)連覇を目指すのでしょうが、ぜひとも勝って有終の美を飾って欲しいです。


| | 19:16 | - | trackbacks(0) | - | - |
中山競馬場の改修
 中山競馬場
もうすぐ秋のG1第一弾スプリンターズS。中山競馬場で毎年行われてますが、来年は中山競馬場が改修工事のため新潟競馬場で行われるとか。
その中山競馬場改修工事はどんな感じかと気になるところです。
関東には中山競馬場と東京競馬場(府中)のJRA2場があり、長年両方に通ってますが、行くたびに思うのが東京競馬場の広さ、ショースペースとしての充実振りです。
広さに関しては敷地面積の兼ね合いから、余り改修策は無いと思われます。コース形態などの違いから東京競馬場とはまた違ったレース展開が見れるので、その辺は今のままでも良いのですが。
ショースペース面では、現状不満に思う点が多々ありますね。
・坂を上がったゴール前のスタンド位置が下がりすぎ。馬場の方が高い位置にあり、外ラチが邪魔で見にくい(それで逆にシート場所取りが少なくなってるという面もありますが)
・ウィナーズサークルがスタンドの一番左端で目立たない。
・馬場入場位置が1コーナー側に寄りすぎ。コース左側からスタートするレースでは、返し馬に入ってすぐ1コーナー側に走り去ってしまう馬がいて、あまり見れない時がある。
・駅から遠い。負けた時の帰り道、ナッキーモール最後の登り坂が特に辛い(笑)
(これは場所の問題なので・・・難しいですね)
・コースの周りの民家等が見えないよう、植木を増やして欲しい(写真を撮った時、絵的にイマイチなので・・・)
決して中山が嫌いな訳じゃないですよ(笑)
有馬記念などビッグレースがあるのに、ちょっと現状だと色々もったいないと言う事で。
今回の工事ではパドックから馬場へのの移動が間近に見れる「はなみち」形式になるとのことで、ロンシャン競馬場みたくなるんですかね??それならかなり盛り上がりそうです。
パドックはスタンドの中央寄りにあるので、返し馬の問題も解消されそうですし。
ただ、有馬の時は異常な雰囲気なので、馬への影響がチョット心配かな・・。
工事は来年11月に終了予定とのこと。新生「中山競馬場」に期待大です。
| | 20:54 | - | trackbacks(0) | - | - |
トウカイテイオーは特別だった

昨日テイオーが急逝したとの報を受け湧き上がった感情は、「好きな馬が亡くなった悲しみ」と言うより、「偉大な馬を喪った喪失感」と表現した方が良いのかも知れません。

哀悼の意を込めて、彼の思い出を振り返ります。


僕が競馬を知り始めた1993年春。既にトウカイテイオーは無敗で皐月賞・日本ダービーを制し、古馬初戦の大阪杯も快勝。日本のトップホースとしての地位を築いていました。

競馬好きだった友達が「天皇賞春でテイオーとマックイーンが対決する」と盛り上がっていたのを覚えています。

テイオーは負け、彼にとって初の挫折。

まだそれほど競馬に興味がなかった僕は「ふーん」という感じでそのレースを見ていました。


秋になり、ソコソコ競馬に興味を持ち始めた頃。

ジャパンカップでテイオーが馬場入りする姿を見て、初めて馬を「カッコいい」と思いました。

そのテイオーが世界の強豪を破って勝った姿を見て、「これは凄い馬だ」という印象が強烈に残っています。

続く暮れの有馬記念。初めて競馬場へレースを観戦しに行く僕は、完全にテイオー信者になっていました。競馬新聞とにらめっこして真面目に予想したのも、この有馬が初めてだった気がします。

「どう考えてもテイオー。負けるはずは無い!」

今なら果たしてここまで信じられただろうか、と思うぐらいの確信を持って見たレース。

しかし結果は大惨敗。レース後は呆然となり、何故テイオーは負けたのか?と悩むばかり。競馬の一筋縄では行かない難しさを教えられました。


その後テイオーは故障し1年間の休養。その間に僕が好きになった馬はビワハヤヒデ。

負けても2着は外さない抜群の安定感。勝つか惨敗かのテイオーとは逆のタイプ。

そのビワハヤヒデとテイオーが初対決する有馬記念。本命はもちろんビワハヤヒデ。テイオーも押さえてはいましたが、昨年も裏切られたし1年ぶりではさすがに無理だろうと軽視していたのです。

しかし、テイオーは見事に復活しました。

テイオーに常識は通用しないことを、競馬では時として信じられない奇跡が起きることを、競馬を始めたばかりの若造に、その走りでもって教えてくれました。


あれから20年、彼の後継種牡馬がまだ現れていないのは残念ですが、今年も数頭に種付けしていたとのこと。

残された数少ない産駒から強い馬が出てきても僕は驚きません。


それがトウカイテイオーですから。

| | 13:05 | - | trackbacks(0) | - | - |
「マー」馬券
語呂合わせや時事ネタ馬券、普段はほとんど買わないんですが
今週はプロ野球で「マー君21連勝」「マートン退場&翌日ホームラン」と2つも「マー」が付く人がニュースを賑わせたところから、
「これは今週は馬名に「マー」が付く馬が来るんじゃないか?」と言う気になりまして。

今週出走馬の中から、「マー」が付く馬を洗い出してみたところ
8/15(土)は8頭、8/16(日)は5頭が該当
元々遊び的な買い方にそんなに資金は割けないってことで、各馬を単複100円ずつで買ってみました。
さてその結果はというと、

8/15(土)
小倉3R ビックリマーチャン 12着
函館3R レーヴイマージン 2着 複勝240円
函館9R ナリタカマー 9着
新潟10R エックスマーク 1着 単勝350円、複勝200円
小倉10R マークスマン 16着
新潟11R マーブルデイビー 7着
     ドリームマークス 17着
函館11R スマートリバティー 3着 複勝280円

8/16(日)
函館2R ミスマープル 8着
函館7R パワフルラリマー 6着
新潟8R サマーティアラ 1着 単勝440円 複勝180円
小倉8R タイキマーシャ 11着
函館8R  サンライズスマート 1着 単勝310円 複勝140円

馬券代 2600円
的中合計 2140円

惨敗も覚悟だった割には意外にも健闘。3勝もしてくれました。
特に8/16は5頭中2勝とかなり良かったのでは?
人気薄が来てくれれば、プラスも有り得たぐらいで。
真面目に予想するより良く当たりました(笑)
タマにはこういう気楽な買い方も面白いですね。
| | 17:02 | - | trackbacks(0) | - | - |
競馬写真
2013 日本ダービー

2005年からデジタル一眼で撮り始めた競馬写真。自分で楽しむ目的だったのですが、競馬好きな知り合いから喜ばれたりと意外な面白さもあります。
そこで色んな方にネットで見てもらいたいな、と思ったわけですが、写真の枚数も多くてHPを作るだけでも結構手間がかかるものです。
手軽かつ便利なWebアルバム作成方法がないかと模索しましたが、Googleが公開している「Picasa Web Album」がよさそうとの結論で、写真を整理しつつ公開を始めました。

今のところ、今年分は日本ダービーと安田記念のみ。過去のレースは2005年〜2008年途中までの掲載ですが、時間を見つけて随時追加して行きます。

このPicasaにしたのは写真に付けるタグで検索表示出来る点だったのですが、どうもまだ日本語には対応してないようで・・・。
馬名で検索絞り込み等したかったんですが、ちょっとその点が残念です。
無料なんで贅沢は言えませんが、今後のGoogleさんの改良に期待ですね。
| | 18:42 | - | trackbacks(0) | - | - |