CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

akatsukamorio blog

アカツカモリオの日々を綴るブログ。
Mac、競馬、自転車etc..
<< Trading Leather(トレーディングレザー) | main | いったいどういうことなのだ? >>
こんなに嬉しいことはない
有馬記念
年末の大一番、有馬記念に今年も行ってきました。
近年稀に見る好メンバーで、中山競馬場も予想通り大混雑、11万人以上が来場。ミスターも来場。

今年の推し馬は「ジェンティルドンナ」
一昨年のジャパンカップでオルフェーヴルを破って以来追いかけ続け、出走してくる時は必ず本命。昨年のジャパンカップでも儲けさせてもらいました。
ところが、今年に入って国内のレースでは未勝利。馬券圏内も天皇賞秋2着のみの結果。もう力落ちか・・・。
この有馬記念に出走すると聞いた時は、「掲示板がやっとだろうなぁ・・・」と正直思ったものです。負けに行くようなものだと。

その思い込みが一変したのが今年から新たなの試み「枠順ドラフト」
ここでマー君が最初に引いてくれたのがジェンティルドンナ。居の一番に希望枠をGET、陣営の意気上がる様子に「これは勝ち目が出てきたのでは?」と思い始めたのです。
前評判では「右回りは苦手」「引退レースで牝馬は走らない」等々、この馬としては低評価で美味しいオッズになりそう。
どの道ファンとして応援馬券は必ず買うわけだから、もう強引にでも本命にしてしまえ!となったわけです。

そこからはマイナス面よりもプラス面だけを探しました。
晴天続きで良馬場、中山競馬場の馬場も改修したばかりで綺麗な状態。
右回りコースだって桜花賞・秋華賞とG1を2度も勝ってる。走らなかったのは馬場が緩すぎたから。
叩き3走目を使えるのはオルフェーヴルに勝ったJC以来。叩いた方が走る。
と、都合の良い理論武装?をして臨んだわけです。

前夜に「競馬予想TV」を見ると、予想家5人共ジェンティルは無印で1円も買われず。「出走奨励金があるから」「枠順のくじ運だけだ」など散々な言われ様。
ヒロシTMには「普通に凡走する」とまで言われる始末。
あまりにもボロクソに言われたもので悔しくてチョット気が滅入りましたが、そこはプラス思考で「この番組あんまり当たらないから逆に良し」と思うことに。
直線でジェンティルが先頭で抜け出し、ゴールを駆け抜ける実況映像を思い描きながら眠りにつきました。

そして今日、パドックでは激しく上下に首を振るジェンティルの姿が。
これもプラス思考で「気合が乗ってる。元気がいい」です。
新装中山の目玉「はなみち」は今日は使用しないとのことで「それじゃ昨年までと一緒じゃ〜ん」と少しガッカリ。
最後の返し馬、写真撮りたかったけどジェンティルはすぐ1コーナーに駆けて行ってしまって残念だったなぁ。

あっという間にレーススタート。ジェンティルは好位追走、ペースも得意なスローペースで瞬発力勝負になり、先頭に並びかけて直線へ。
しかし、外からはゴールドシップが迫力満点の捲りで並びかけてきます。果たしてジェンティル伸びるのか?伸びないのか!?
ジェンティルドンナ
「ジェンティル!!ジェンティルー!!!」
もう喉が枯れるほどに絶叫、絶叫。

すると、前夜思い描いたイメージそのままにジェンティルが抜け出し、
ジェンティルドンナ
並み居るG1馬達を引き連れてゴールイン!

凄い、凄すぎるよジェンティル!

見事に有終の美を飾ったその姿を見たあとは・・・
ドーパミンが出まくりで引退式まで放心状態(笑)
こんなの滅多に無いことなんで、そのまま快楽に浸っておりました。

そしてお別れの時。引退式でお見送り。
ジェンティルドンナ引退式
ジェンティルドンナ
引退式では誰が騎乗するのかな?と思ってたら、誰も乗らなかったですね。

無事に最高の結果を出してくれて、ホント夢の様な有馬記念でした。

ジェンティルドンナ
もちろん、ジェンティルの子供達も応援しますよ〜。
| | 23:38 | - | trackbacks(0) | - | - |
http://blog.akatsukamorio.com/trackback/1062832