CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

akatsukamorio blog

アカツカモリオの日々を綴るブログ。
Mac、競馬、自転車etc..
<< MacPro(2013) スピード計測編 | main | 見える、見えるぞ。 >>
MacPro(2013) トラブル編
全くの新設計となったMacPro(2013)
色々と予期しないトラブルが出る事は覚悟の上での購入でしたが、今のところ初期不良と言えるような症状は出ていません。
それでも細々とした不具合はありましたので、情報共有も兼ねて書き留めておきます。


システム関連のトラブル

[強制終了]

何かの拍子に、電源が落ちて強制再起動される事が何度か起こっています。
いわゆるカーネルパニックだと思うんですが。
SafariでWebサイトを見ている時に突然落ちる場合が多いです。
WebサイトのFlashで落ちる事は旧MacProでも良く有りましたが、それと同じかも知れません。
てっきり旧MacProはグラボが非力だった為かと思っていたのですが、新型でもなるとは。

思えば、iOSでFlash非対応となった際にスティーブ・ジョブズが
「Macのトラブルで一番多い原因はFlashによるものだ」
とコメントしていたのが思い出されます。
MacOSとFlashの相性が原因とすれば、ハードウェアは関係無いのかも。

Flash以外の原因で考えられるのは、USB3.0。
何かディスクに読み込みに行こうとして落ちる事がありました。
USB3.0は新しい規格のせいか、Windowsで使用してても急にディスクを認識しなくなったりと不安定です。
様々なメーカーが無数の周辺機器を製造・販売している現状、同じ規格とは言え相性問題は起こるでしょうね。
USB規格はver1.1〜3.1まで上位互換性を保っている点が素晴らしいのですが、さすがに色々と無理もあるのでは。
僕の場合はUSBハブを数珠つなぎしてるのも問題かも知れませんけど(笑)

[スリープ解除後の動作]

スリープ解除時にデュアルディスプレイの片方(メイン側)に映像出力されず、しばらくして強制再起動。
Thunderboltポートから映像出力するため、色々と変換ケーブルをかませてるせいでしょうか?
まぁ、起動が速いんで、スリープじゃなくシステム終了させてしまっても構わないんですけどね。


アプリ関連


IllustratorCS4の不具合

IllustratorCS4を起動させて、「ファイル」メニューを開こうとすると、
「Fatal error - missing component /Library/ Application Support/Adobe/Adobe Version Cue CS4/Client/4.0.0/VersionCue.framework」
という警告が出て、イラレが強制終了してしまいます。こいつはこまった・・・。

対策方法を検索すると、ソフト自体を再インストールするとか、結構面倒っぽい。
Adobe Bridge CS4の設定でVersionCueをすべて停止しても変わらず。
試しに上記エラーに書かれているファイル階層を調べてみると、「4.0.0」じゃなくて「4.0.1」というフォルダが見つかったので、これをコピーしてフォルダ名を「4.0.0」に変更すると・・・なおりました!
ちょっと力技なので、VersionCueが必要な方には勧められませんが、今のところ大丈夫なようです。
一応、「4.0.1」のフォルダもそのまま残してあります。



QuickTime7関連の不具合

どうもQuickTime関連がおかしいです。QuickTime7アプリ自体ばかりか、それに関連する動画編集アプリまで起動時にクラッシュするようになってしまいました。
Appleのサイトから、10.9用のQuickTime7を落としてインストールし直したけど変わらず。
これはOS10.9でのQuickTime動画に対する内部処理変更が原因?かと思い色々調べた結果・・・

どうやら、OS10.7以降でQuickTime7のコンポーネントファイルの置き場所が変わってしまったのが原因だった模様。
下記英語サイトに解決法がありました。
https://discussions.apple.com/thread/3211124?start=0&tstart=0

要するに、
/System/Library/QuickTime/ 以下にあるファイル全てをコピーして
/Library/QuickTime/ 以下へ上書きすればOK
それでもまだ一部で不具合はあるけど、とりあえずは最低限の解決ってことで。
QuickTimeは今後切り捨てられる運命にあるようですので、.mov形式の動画は早めにmp4に変換しておいた方が良さそうです。


以上、全てのエラー発生時にAppleへ問題解決の期待を込めてレポートを送信しました。
またネタが貯まってきたら、ブログに書きたいと思います。
| Mac | 00:15 | - | trackbacks(0) | - | - |
http://blog.akatsukamorio.com/trackback/1062817