CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

akatsukamorio blog

アカツカモリオの日々を綴るブログ。
Mac、競馬、自転車etc..
<< MacPro(2013) データ移行編 | main | MacPro(2013) トラブル編 >>
MacPro(2013) スピード計測編
とにかくスピードが速いという触れ込みの新MacPro。
体感でもそれは十分感じますが、具体的に色々比較・計測してみました。

あくまで自分の環境
・旧=Mac Pro(Early2008)2.8GHz
・新=Mac Pro(2013)3.5GHz 6コア
での計測比較です。
数値は概ねの平均値で出してあります。目安までにどうぞ。

ハード面の比較

[CPU]
Xeon2.8GHz×2(合計8コア)→Xeon3.5GHz(6コア)
他サイトのベンチマーク結果などから、約1.9倍の性能アップ。
CPU数は減りましたが、クロックアップとXeon自体の性能アップが大きいようです。

[GPU]
標準のATI Radeon HD 2600 XT(VRAM256MB)からFirePro D500(VRAM3GB)×2で
使い方にもよりますが、8〜10倍の性能アップ。
旧MacProで大きく不満だったのがグラボだったので、これでかなり余裕が出来ました。

[メモリ]
12GB(増設済)→16GBにアップ。
メモリ自体のクロック数も800MHz→1866MHzへ上がっています。
2倍弱のアップってところでしょうか。

[ネットのスピード]
フレッツ光(VDSLマンションタイプ)で30Mbps(3.75MB/s)前後と以前と変わらず。
フルハイビジョン(1080p)動画のストリーミング再生は無理な状態です。
光ファイバーってもう随分とベストエフォート100Mbpsからスピードアップしてませんよね。
無線LAN規格にも抜かれつつ有ります。
一部で200Mbpsや1Gbpsのサービスも始まっているようですが、これから4K時代へ進むネックとなるんじゃないでしょうか?

[ディスクスピード比較](Blackmagic Disk Speed Testで計測)
計測結果をグラフにしてみました。
MacPro速度比較
起動ディスクは10倍速と爆速。これは凄い。
でも、体感で10倍も速いか?と言われると、それほどでも無い感じが。。。

問題は外部ストレージで、USB3.0は高速といえどもHD自体の速度がネックとなります。
SSD(ちょっと古いタイプ)でHDの3倍程速くなります。最新型なら更にスピードアップするでしょう。
Thunderbolt2 RAID(PCIe Flash)なら700MB/s以上は出るそうなんで、そこまで行けば、内蔵との体感差は無くなりそうです。サードパーティーから近日発売予定ですが、一体いくらになるやらで。
SSDでUSB3.0(RAID0)もかなり速そうですが、円安の影響でなかなか値下がりせず、容量の事も考えるとHDでRAID0を組むのが良さそうですね。それなら旧型の内蔵HDと比較しても3倍近いスピードアップです。
HDでRAID0(2台構成)のスピードなら、USB3.0で十分。Thunderboltは関連機器が充実して安価になるまで待ちましょう。

しかし、なんで転送スピードの表記って、ビット(bps)とバイト(B/s)が混在してるんでしょうか?
8で掛けたり割ったりと、数字音痴なので換算が面倒でなりません。

さて、購入から10日程が経ちました。
人柱の醍醐味、トラブル等も色々と出て来てますが、そちらは次回に。
 
トラブル編へと続く
| Mac | 01:24 | - | trackbacks(0) | - | - |
http://blog.akatsukamorio.com/trackback/1062816