CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

akatsukamorio blog

アカツカモリオの日々を綴るブログ。
Mac、競馬、自転車etc..
<< 「マー」馬券 | main | 中山競馬場の改修 >>
トウカイテイオーは特別だった

昨日テイオーが急逝したとの報を受け湧き上がった感情は、「好きな馬が亡くなった悲しみ」と言うより、「偉大な馬を喪った喪失感」と表現した方が良いのかも知れません。

哀悼の意を込めて、彼の思い出を振り返ります。


僕が競馬を知り始めた1993年春。既にトウカイテイオーは無敗で皐月賞・日本ダービーを制し、古馬初戦の大阪杯も快勝。日本のトップホースとしての地位を築いていました。

競馬好きだった友達が「天皇賞春でテイオーとマックイーンが対決する」と盛り上がっていたのを覚えています。

テイオーは負け、彼にとって初の挫折。

まだそれほど競馬に興味がなかった僕は「ふーん」という感じでそのレースを見ていました。


秋になり、ソコソコ競馬に興味を持ち始めた頃。

ジャパンカップでテイオーが馬場入りする姿を見て、初めて馬を「カッコいい」と思いました。

そのテイオーが世界の強豪を破って勝った姿を見て、「これは凄い馬だ」という印象が強烈に残っています。

続く暮れの有馬記念。初めて競馬場へレースを観戦しに行く僕は、完全にテイオー信者になっていました。競馬新聞とにらめっこして真面目に予想したのも、この有馬が初めてだった気がします。

「どう考えてもテイオー。負けるはずは無い!」

今なら果たしてここまで信じられただろうか、と思うぐらいの確信を持って見たレース。

しかし結果は大惨敗。レース後は呆然となり、何故テイオーは負けたのか?と悩むばかり。競馬の一筋縄では行かない難しさを教えられました。


その後テイオーは故障し1年間の休養。その間に僕が好きになった馬はビワハヤヒデ。

負けても2着は外さない抜群の安定感。勝つか惨敗かのテイオーとは逆のタイプ。

そのビワハヤヒデとテイオーが初対決する有馬記念。本命はもちろんビワハヤヒデ。テイオーも押さえてはいましたが、昨年も裏切られたし1年ぶりではさすがに無理だろうと軽視していたのです。

しかし、テイオーは見事に復活しました。

テイオーに常識は通用しないことを、競馬では時として信じられない奇跡が起きることを、競馬を始めたばかりの若造に、その走りでもって教えてくれました。


あれから20年、彼の後継種牡馬がまだ現れていないのは残念ですが、今年も数頭に種付けしていたとのこと。

残された数少ない産駒から強い馬が出てきても僕は驚きません。


それがトウカイテイオーですから。

| | 13:05 | - | trackbacks(0) | - | - |
http://blog.akatsukamorio.com/trackback/1062807