CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

akatsukamorio blog

アカツカモリオの日々を綴るブログ。
Mac、競馬、自転車etc..
<< 「東京梨畑〜炎のアルゼンチンタンゴ〜」観劇 | main | NHKマイルカップ エーシントップの不利 >>
NHKマイルカップ

久しぶりにチョット時間が取れたので府中へ行ってきました。

競馬場へ行くのは2011年の天皇賞(秋)以来だから1年半振りです。

やっぱり競馬場は広くて緑もいっぱい、サラブレッドも生で見れて最高ですね。


今日のメインはNHKマイルカップ。

レースの方は本命のレッドアリオンが出遅れて万事休す。

馬券はガッカリな結果でしたが、勝ったマイネルホウオウ騎乗の柴田大知騎手はこれがG1初制覇、JRA200勝達成も果たしてインタビューでは男泣き。

やっぱG1勝つって大変なんだなと感じました。


今回はメンバーも小粒だったせいか、観客もG1にしては少なめ。

柵際一番前の場所が空いてるかな?と期待しながら昼過ぎに到着したら、ゴール前50m位の場所が1人分だけ空いててラッキーでした。迫力ある写真撮るには、やはり柵際が一番なんで。

そしたら隣で先に場所取りしてた人が、「窮屈で写真撮りづらいだろうから、こっちにバッグ置いていいよ」って言ってくれて。

お礼を言ってありがたく置かせてもらって、っていう心温まるシーンだったわけですが・・・

ちょっと思ったことがあったので一筆。


特にG1デーの柵際は特等席、朝早く(下手すりゃ徹夜で)開門前から並んでやっと取れる場所なわけです。

みんな開門と同時に駆け足でシートを敷いて、風で飛ばされないようにガムテープで貼ってて、それが隙間無くビッチリ。

自分なんかは夜型生活者でそんな時間も根性も無いので、場所が無ければスタンドで上から写真は撮るしかないと素直に納得してるし、苦労して場所を取ってる人達にはそれだけの権利もあると思ってます。

ところが、競馬場に行くと柵際には「敷物等での場所取りは禁止」という内容の看板がデカデカと何カ所も貼られています。

ルール違反と書いてあるに堂々と場所取りが行われていて、JRA側は特にそれをとがめもしない。何か違和感を感じました。

我々観客達も(少なくとも自分は)暗黙の了解で場所取りを認めてて、もめ事もほとんどありません。

有馬記念など超混雑する時は係員が敷物撤去をしたりしますが、開門〜メインレース前まではいつも通り場所取り可能で、そんな撤去に大した意味はありません。


決して場所取りをしている人達が悪いって言いたい訳ではありません。

先の通り、場所取りしている人達にはそれだけの権利があると思っています。彼らだって、周りがそうしててJRAも許しているからそうせざるを得ないだけなのです。

と、色々と考えた結果、この問題の根源はルールを決めておきながら徹底しないJRAの怠慢にあると思いました。


撤去するべきは敷物では無く、あの目障りな「敷物禁止看板」です。

掲示するならルールを徹底すること。しないなら貼る意味が無いでしょう。

観客同士でもめ事が起きても「禁止って書いてあるでしょ」というJRA側の建前にしか見えず、見ていて気分が悪くなるだけの代物でしかありません。

実際、場所取りが行われている現状でも問題ないのですから、それがシンプルでいいのではないでしょうか。

| | 19:23 | - | trackbacks(0) | - | - |
http://blog.akatsukamorio.com/trackback/1062800